在籍確認の電話なしのキャッシングはある?

在籍確認なしのキャッシングができる消費者金融はある?

はい、在籍確認の審査は必須ですが、電話連絡なしで借入できる方法があります!

↓在籍確認の電話なしで融資はこちら↓

↑職場にバレないキャッシング↑

電話による在籍確認なしの融資をご希望の方、朗報です!

在籍確認の審査が電話以外の方法で可能になりました♪

電話以外の方法とは?働いてることを証明できる書類を提出するだけ。書類内容は消費者金融の担当者が案内してくれますので、人それぞれ内容が違ってきます。

会社員(派遣・契約)=社員証や保険証など会社名が分かる書類

アルバイト・パート・自営業=収入証明書や給与明細等の収入が分かる書類

これらの書類提出によって、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることはありません。

実は、在籍確認がバレない意外な事実があるんです!

通常の電話による在籍確認の場合でも、職場でアコムやプロミス等の消費者金融キャッシングからの電話だとは周囲に絶対にバレないのです。

何故かといえば、金融会社の名前ではなく、担当者の個人名で電話をするから一切借入が周囲にバレることはありません。

それでも、どうしても電話を回避したい?書類での在籍確認を希望したい場合は、キャッシングの申し込み入力を完了させた後すぐに、消費者金融担当者より、携帯電話に本人確認及びキャッシング申し込みの確認電話がかかってきます。

その際に担当者に「職場の事情により電話以外の方法で在籍確認をしてほしい」と伝えましょう。職場への電話がなしになるかどうかは、審査の内容で決まります。普通に働いて、毎月給与が振り込まれているのであれば、ほぼ問題なく希望を汲んでくれるでしょう。ただし、在籍確認の電話なしの希望が通らない場合もあるので気を付けましょう。

安定した収入がある事が消費者金融を利用するうえで最低限必要な条件ですので、毎月の一定の収入を証明できれば問題ありません。

在籍確認の電話はどうして必要?

申し込みの際に入力された情報として重要なのが勤務先です。ほとんどの消費者金融では一定の安定した収入があることが契約の条件となっています。ですので、勤務先に在籍している事がキャッシングの絶対条件なのです。その上で、勤務先に確実に在籍している事が証明されなければなりません。そこで消費者金融の担当者が直接職場に電話をして確認をする審査になります。

在籍確認の電話は確実になしにできる?

確実になしにする事はできません。在籍確認は審査の流れの中でほとんど最後に行われます。ですので、それまでの審査内容がどれだけ基準に達しているかで決まってきます。個人差があるので、どんなに職場の事情があっても、在籍確認の電話は回避できないという方もいらっしゃいます。しかし、過去に金融トラブルの履歴がなく、極端に勤続年数が短いという訳でもなければ、問題ないので、在籍確認の電話に関して要望を相談するのは問題ないでしょう。

在籍確認の電話なしが確実と言われる要因は存在する?

確実な事は言えませんが、勤続年数が長い方は在籍確認の電話連絡が、お願いしなくても行われなかった、という方もいらっしゃるようです。15年や20年、同じ職場で働いているこという事は、それだけ長期に渡って安定した収入があるという信頼度になる訳ですから、返済に関して安心できるお客様というわけです。

在籍確認の電話に本人が対応しても大丈夫?

問題ありません。本人の電話対応でも、本人以外の方が電話対応されても在籍確認の審査は完了したことになります。本人の対応の場合は、簡単な質問による本人確認で終わります。あとは、契約の話に移行するので、携帯電話にかけ直すようになります。そして、同僚など他の方が電話対応された場合には、申し込みされたお客様を呼び出してもらいます。その際に本人に代わっても、本人不在という対応をされても、どちらでも審査は完了です。

在籍確認の電話は消費者金融だとバレない?

消費者金融から電話に電話をかける際は、担当者の個人名でかけてくるようになっていますので、消費者金融からの電話だとバレることはありません。もちろん守秘義務がありますから、キャッシングの審査として、申し込みをされたお客様の個人情報になりますので、それを第三者に漏らすような事はありません。十分に配慮して在籍確認の電話連絡を行なっています。

在籍確認なしのキャッシングは派遣やアルバイトでも可能なのか?

はい、勿論可能です。派遣やバイトでも職場や収入が分かる書類を用意すれば電話連絡なしの借入が可能です。

在籍確認の後に否決されてしまう可能性はあるの?

ほぼ無いと言えるでしょう。在籍確認の審査まで進むには、基本信用審査に通過した方のみとなり、在籍確認までいけば、ほぼ借入審査には通過したようなものですから、勤務情報に虚偽を記載しない限り、この時点で否決はまずありません。

在籍確認審査の後でも職場に電話がかかってくることはある?

在籍を確認する審査ですから、契約が完了すればもう在籍確認をする必要はありません。ですので、在籍確認としての電話はありません。ですが、返済が著しく滞ってしまうような事があると職場への電話確認がある場合があります。とはいえ、返済日の次の日にすぐにかかってくるような事はありません。返済が遅れてしまった場合は、メール、携帯電話、自宅の電話、そして勤務先の電話、という順番で返済確認の連絡が来るようになっています。しかし、メールや携帯電話の時に、すぐに対応していれば職場に電話がかかってくるような事はありません。

信用情報機関の自分の情報を知ることはできる?

消費者金融が利用している信用情報機関はふたつあります。CICと、JICCです。どちらもご自身の金融関連の個人情報を閲覧する事が可能です。スマホからでもチェックで切るので大変簡単です。手数料はどちらも1,000円となります。

消費者金融30日間無利息サービス比較

30日間の無利息サービスがなぜオススメなのか紹介します。
・最近では多くの大手消費者金融のキャッシングで30日間無利息サービスがあります。プロミス、アコムなどがそうです。

・契約後の30日間は金利がゼロ円のサービスは、30日間の間にキャッシングをして完済しても良いですし、分割の支払いでも、1回目の金利がゼロ円なので平均すると低金利となってとってもお得です。

・サービスを受ける条件というのがありますのでそれぞれ紹介します。

・プロミス
サービス利用条件:
「初めてのご利用」「メールアドレスの登録」「WEB明細の登録」

30日間無利息サービスが最も充実しているのがプロミス。

ポイントは契約日からの30日間ではなく、はじめてお借入れした翌日から30日間となりますので、契約完了後すぐにキャッシングは行わないという方でも安心してサービスを受けられます。

・アコム
サービス利用条件:
「アコムでの契約がはじめて」「返済期日を35日ごとで契約」
こちらもサービスが充実しているアコム。

アコムの場合は契約完了の翌日から30日間無利息サービスとなります。

・SMBCモビット
残念ながら30日間無利息キャッシングサービスは行っていません。

申込む前に利用できる簡易診断を比較

お申し込みの前に、自分がキャッシング可能かを簡単に診断してくれるサービスの比較です。

この簡易診断のメリットは、個人情報を入力することなく診断してもらえる事です。簡単な質問に答えるだけなので、申込みをした履歴が残ることなく、何度も試す事が可能ですし、多重申込みによるブラックになる事もありません。

・プロミス:お借入シミュレーション
プロミスの簡易診断である「お借入シミュレーション」では、「生年月日」「年収」「現在の他社 お借入金額」の3項目に答えることで診断してもらえます。

・アコム:3秒診断
アコムの「3秒診断」で答える必要があるのは、「年齢」「年収(総支給額)」「」カードローン他社お借入れ状況」の3項目です。

・SMBCモビット:お借入診断
SMBCモビットの「お借入診断」で聞かれるのは、「生年月日」「税込年収」「現在他社借入金額」の3項目。

・これはどの消費者金融にも共通していますが、簡易診断はあくまでも簡易的なものであり、結果は保証されないというもの。

・キャッシング利用可能な年齢はどの消費者金融も20歳から69歳までとなるので、ここで年齢を問われて、未成年や70歳以上の方の場合は先へは進めません。

・他社からのキャッシングの合計金額を入力する際には、銀行の住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードのショッピングや銀行カードローン等の利用は、含まない事になっています。

・この診断で重要なのは「年収」ではなくて、「年収」と「他社からのキャッシング」からわかる【総量規制の対象】になるのかどうかという事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ