消費者金融のキャッシング利用は興信所調べでバレる?

『消費者金融のキャッシング利用、バレたら離婚になる!』と絶対にバレたくない人は興信所の存在にも怯えてしまいがちです。

キャッシング利用と興信所について勉強していきましょう。

興信所でできる事

仮にあなたの家族や恋人が興信所に依頼したとしても、興信所の人間が出来る事は限られます。

おおよその可能な調査内容として、『尾行されて費者金融ATMに立ち寄っている所を目撃』以外はバレるケースはないでしょう。

興信所の行動調査には多額の費用が掛かりますので、キャッシング利用は興信所によって、バレる心配は先ずありません。

興信所より家族が気付く

消費者金融のキャッシング利用、現在では明細書も郵送では送られてきません。

もしキャッシング利用がバレルのであれば、興信所が調査してバレルのではなく、
①家族が財布の中身にキャッシングカードがある事に気付く

②滞納して督促状に気付く

③銀行口座に不明な口座のやり取りがあって気付く

④ATMの利用明細書がポケットに入っていて気付く
と言ったケースです。

バレないように自衛する

キャッシングの利用がバレたくないのであれば、自衛をする事が大切です。

最近ではスマホローンを使えば、カードレスでかつ銀行口座に履歴が残らない借入、返済を行う事が出来ます。

ATMで借りた時の明細書はその場で捨てて帰れば、家に帰ってうっかりバレるという事を防ぐことが出来るでしょう。

キャッシング利用は興信所からバレる心配は先ずありません。

それよりも、身近な人にうっかりした事でバレてしまうので気を付けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ