総量規制の対象とは?

年収の3分の1までが借り入れ可能額なのが総量規制。

総量規制が導入された理由

総量規制はキャッシングで借り過ぎてしまう消費者を救うための法改正です。

以前の消費者金融のキャッシングは審査が厳しくなく借りやすく、しかし超が付くほどの高金利で返済が大変でした。借りやすいというのはメリットではなく、返済能力が乏しい方でも簡単に借りれてしまっていたので、多重債務者や自己破産者が少なくありませんでした。

返済能力が乏しいというのは年収が少ないにも関わらず、多くのキャッシングをしてしまい、月々の返済が厳しくなっていくものです。

ひとつの金融業者で借りいれる限度額がいっぱいになると、他の金融業者でも借りる事は難しくなかったので、キャッシングでの借金は容易に膨らむことになってしまいました。

総量規制の中身とは?

これ以上、キャッシングで多くの多重債務者と自己破産者を出さないために、貸金業法が改正され、【総量規制】が始まりました。

「消費者金融はその人の収入に見合った金額までしかお金を貸してはいけない」というのが、総量規制です。

具体的には、年収の3分の1までが借入可能額となり、年収に応じて借り入れの限度額が変わってくるというものです。

この、年収に対しての総量規制は、消費者金融1社のみが対象ではなく、複数の金融業者からの借り入れも対象になります。

例えば、3社の金融業者で、それぞれ50万円毎の借り入れがあったとしたら、すでに総額では150万円の借金となります。申し込みされた方の年収が450万円であれば、もう新規でのキャッシングは厳しいということになります。

これを厳しいと感じるのは、お金を借りる側の利用者ではなく、お金を貸す側の消費者金融でしょう。

お金を借りて欲しい金融業者としては、以前のようにどんどんキャッシングしてもらうシステムではなくなったからです。

総量規制は銀行は対象外なのは何故?

以前の消費者金融のキャッシングは「超高金利」「審査が甘い」「借入金額の制限なし」という悪質でした。

以前から銀行は個人にお金を貸す事には審査は厳しかったので、法改正になっても悪質であった消費者金融のキャッシングだけが対象になりました。

貸金業法の法改正では金利の上限も変更になったので、銀行と比べれば低くはないですが、以前と比べるとまともな金利になりました。

ちなみに、貸金業法の法改正では、過払い請求もあり、多くの金融業者は生存が難しくなっていきました。

そのため、生き残ることができた消費者金融は銀行と提携するという方法しかありませんでした。

そうして残った中でも体力を維持できている大手消費者金融が「プロミス」「アコム」「SMBCモビット」などです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ