キャッシングでの在籍確認の言い訳はどんなものがバレない?

キャッシングの在籍確認、正社員ならいざ知らず、パートやアルバイトの身だとあまり心地いいものではありませんよね。

消費者金融から職場にかかってくる一番の心配は、周囲にキャッシングの申込みをした事がバレてしまうという状況ではないでしょうか。

そうならない為に言い訳を用意しておくのはありかもしれません。

・キャッシング在籍確認はどんな内容?

キャッシングの在籍確認は、
① 必ず個人名でかかってくる

② どんな関係かを尋ねられても、学生時代の知人としか言わない

③ スマホ全盛期に職場にかかってくるなんて、怪しいと訝しがられる
といった点を理解、注意しなければいけません。

『個人名でかかってくるから安心』というのは間違ってはいませんが、絶対にバレないと言う訳ではありません。

キャッシングの在籍確認、バレにくい言い訳を考察していきましょう。

・クレジットカードの在籍確認だったと言い訳

個人名でかかってきた電話を、
『友人でした』

『同窓会の案内でした』
とか言ったら、私用電話するなって言われます。

勘のいい人なら、キャッシングの在籍確認と気付くでしょう。

いっそのこと、『クレジットカード作ったので、その在籍確認の電話が急にかかってきました』と言ったほうが潔くてわかりません。

クレジットカードは誰でも持つものですから、特におかしさは感じないでしょう。

・不動産の営業電話でしたと言い訳する

続いての言い訳は不動産の営業電話です。

『どこかで書いた職場情報が漏れた、スマホに出なかったら職場に電話がかかってきた』
と言うのもありでしょう。

不動産の営業電話の傍若無人なしつこさは誰しも知っていますし、言い訳として通用します。

同じような営業電話では、光回線の営業などもあります。最近では個人情報が大量に漏れるような事案は少なくありません。

個人の携帯電話や会社の電話に、営業を名乗ってかけてくることは多くなっています。

そういう事案に乗っかって、言い訳のひとつにしてしまうのも有りかもしれません。

まとめ

キャッシングの言い訳としてはいくつか考えられますが、職場の雰囲気や状況で臨機応変に判断してみるのが良いでしょう。

キャッシング審査で職場にかかってくる在籍確認を言い訳で誤魔化そうとしても、もしかしたら実は誰もそこまで気にしていないかもしれません。

言い訳を用意しても、結局その必要は無かったという話も聞きます。

堂々としていれば、キャッシングとバレることはないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ