カードローンでの返済金額は最低2000円からOKで良いのか

カードローンの最低返済額ってどのように決まるかわかりにくくないですか。

最低返済額が2000円でもいいって話を聞きますけど、これは『場合によっては』という条件が付きます。

借入金額が少なければ2000円でもいいですが、100万円借りて利息が月15000円発生するのに2000円では足りません。

カードローンの最低返済額について解説します。

・プロミスの最低返済額が2000円でいい場合

プロミスの最低返済額は、
◆ 30万円以下 お借入後残高 × 3.61%

◆ 30万円超過~100万円以下 お借入後残高 × 2.53%

◆ 100万円超過 お借入後残高 × 1.99%
(千円未満は切り上げ)

となっています。

5万円を借りた場合、
5万円×3.61%=1805円、千円未満は切り上げなので2000円が最低返済金額になります。

2万円を借りた場合は2000円ではなく、1000円を返済すればいいのです。

・最低返済額は2000円だけとは限らない

借入金額が増えれば、当然計算額は変わります。

50万円を借りた場合は、上述のプロミスの例だと
50万円×2.53%=12,650円、つまり13,000円

150万円を借りていると
150万円×1.99%=29,850円、つまり30,000円が最低返済額になります。

・金融機関によってルールが違う

最低返済額は金融機関によって微妙にルールが違います。

消費者金融でも違いますし、銀行カードローンだともっとルールが変わってきます。

利用前に必ずルールを理解してから利用するように来てください。

最低返済額は借入金額が少なければ2000円でも大丈夫ですが、常に2000円ではありません。

返せない金額を借りないように気をつけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ